最近のコメント

    美瑛グルメでBBQ。旭川のひがしかぐら森林公園でキャンプと温泉とサウナを満喫

    旅行

    美瑛のソーセージと美瑛和牛をテイクアウト

    夏の北海道キャンピングカー旅行2日目は、富良野の「日の出公園オートキャンプ場」を出発し、美瑛の「白ひげの滝」と「青い池」を観光しました。

    白ひげの滝はそんなにスケールはありませんが、岩肌を流れる美しい滝で橋の上から眺めます。遠目に見る川の水は青くて、これが青い池と流れていきます。

    美瑛の白ひげの滝

    青い池は、予想以上に大勢の観光客で賑わっていて、人気の場所なんだと思いました。人工池なんですが、たしかに青色の湖水はきれいで一見の価値はあります。

    美瑛の青い池

    売店には、ソーダ味の「青い池ソフトクリーム」だったり、「青」にこだわったものがいろいろと揃います。青がラッキーカラーの人は是非行った方が良いですね。

    その後、青い池から車で移動して「歩人(ホビットと読む)」というレストランに寄りました。

    コロナの関係で、その日のレストラン営業はしていませんでしたが、手作りソーセージやベーコンのテイクアウトはやっていて、BBQ用にそれらを買い込みました。

    次に、「ファームレストラン千代田」に寄ってランチにしました。混んでいたので、うさぎややぎがいる「ふれあい牧場」で時間をつぶしながら順番を待ちます。

    美瑛和牛を使ったメニューなど、値段は高めですがさすがに美味しい。美瑛和牛の精肉も販売していて、これも今夜のBBQ用にテイクアウト!

    この日のBBQは、美瑛のソーセージと美瑛和牛の豪華食材で決まりです。

    ひがしかぐら森林公園

    美瑛から移動して、この日は「ひがしかぐら森林公園キャンプ場」に泊まりました。

    旭川市の隣町(上川郡東神楽町)にあるキャンプ場なのですが、東神楽町には旭川空港がありますし、旭川市の中心からもそんなに遠くありません。

    実際、キャンプ場から旭山動物園まで車も混まずに20分くらいで着きます。富良野・美瑛と旭川のどちらにも近いので観光にも便利です。

    ひがしかぐら森林公園は広くて、この日の午後はここでたくさん遊びました。

    ひがしかぐら森林公園のサイクルモノレールとゴーカートコース、奥にはボート池

    ゴーカートにボート、サイクルモノレール、パークゴルフにサイクリングロード、水遊びのできるせせらぎ広場、テニスコートなどなど、半日くらいではとても遊び尽くせません。

    森林公園オートキャンプ場フローレ

    オートキャンプ場(オートキャンプ場フローレ)は森林公園から少しだけ離れています。

    オートキャンプ場を利用するときは、ひがしかぐら森林公園の管理棟に先に寄って受付を済ませます。

    ひがしかぐら森林公園オートキャンプ場フローレの入口

    オートキャンプサイトは、区画が広く芝生もきれいに整えられています。周囲の景観はまさに森林です。設備も清潔感がありリラックスできます。

    美瑛で購入したソーセージと美瑛和牛を焼いて食べ、お酒を飲み、贅沢な時間を過ごせました。

    高級食材でも自分で焼けば食材費だけで済みますし、安いチリ産のワインでも外で飲むとさらに美味しい気がします。

    森の湯ホテル花神楽

    このキャンプ場のとっても良いところは、日帰り入浴できる「森の湯ホテル花神楽」が目の前にあることです。

    オートキャンプ場の道路を挟んだ反対側、まさに目の前にあります。

    森の湯ホテル花神楽

    管理棟側にあるテントサイトやキャビン・バンガローからは少しだけ距離がありますが、そちらからもそんなに遠くはありません。

    日帰り入浴は朝10時から夜9時までなので、夕食後にも入ることができます。

    「森の湯ホテル花神楽」はじゃらんの口コミで総合4.2、風呂4.2、清潔感4.1と高評価のホテルです。

    眺めの良い露天風呂、低温湯、高温湯、炭酸泉にサウナと水風呂、と種類も揃っていてゆっくり楽しめます。

    自分が利用したのは夜だったので見えませんでしたが、明るいうちは露天風呂から大雪山も眺められるとのこと。

    日帰り料金はリーズナブル(700円)。この値段で、ホテルの施設が利用できるのがうれしいですね。

    館内はきれいだし、アメニティも充実していて、我が家の女性陣にもとても好評でした。

    高級食材のBBQ後に、豪華な温泉にゆっくり浸かっていると、普通のキャンプもグランピングくらいワンランクアップした気がします。

    ひがしかぐら森林公園オートキャンプ場は今回の北海道旅行中、1位2位を争うくらい泊まってよかった場所でした。

    ゆっくり温泉につかってキャンプして、その前後には、旭山動物園と森林公園でそれぞれ遊んで、そんな過ごし方ができる場所です。

    それでは、また。うしぴでした。

    おすすめキーワード

    北海道キャンピングカーレンタル 北海道キャンピングカー旅行1日目 2日目 3日目 4日目 5日目(1) 5日目(2) 6日目 7日目(1) 7日目(2) 8日目(1) 8日目(2) ランキング ランキング番外編

    資産運用キーワード

    ナンピン積み立て運用 投資信託の選び方 手数料 純資産額 再投資 償還日 投資対象 余裕資金 退職金投資デビュー

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました