最近のコメント

    NISAの運用、どうやってプラスにする?

    お金

    一般NISAを5年の間にプラス運用にするには

    こんにちは、うしぴです。

    一般NISAは非課税期間5年の間にプラス運用にしておくことが大事です。

    それは分かっているけれどできないから苦労しているという場合、具体的にはどうするのがよいでしょうか?

    私の場合まずは、有望な投資信託を基準価額が低いときにある程度まとまった金額で買い付けます。

    個別株もいくつかNISAで買いましたが、銘柄の選択が悪くて5年の間に値下がりしたものが多くありました。

    購入した金融商品が値下がりしたとき、課税口座では損益通算(売却の損失と利益を相殺)できますが、NISA口座では損益通算できません。

    そういう面からも、個別株は値上がりする銘柄を見極められなければ、NISAの個別株購入は気を付けたほうよいだろう思います。投資信託にもリスクはありますが、個別株よりは運用しやすいと思います。

    そして、投資信託を最初から積み立てしていくのなら、「一般NISA」でなくて「つみたてNISA 」のほうが長期に運用できるので向いているはずです。

    「一般NISA」で買った投資信託がそのまま値上がりしてくれればよいですし、そのパターンも結構あります。そして、値下がりする場合ももちろんあります。値下がりした投資信託には、以前の記事で紹介した「ナンピン積み立て運用」で対応しています。

    「ナンピン積み立て運用」は、値上がりを期待できる投資信託について、値下がりしたら積み立てで買い増しをしています。

    例えば、最初10万円分を購入して、値上がりすれば放置します。値下がりしたときは、月額1万円のようにプラス運用に戻るまで積み立て購入するイメージです。

    一般NISAの年間投資枠

    一般NISAの場合は、年間の投資枠が120万円と決まっています(2024年以降は投資枠に変更あり)。最初10万円とか月額1万円とかはあくまで例えですが、いずれにしても年間の投資枠の範囲で投資することが必要です。

    年間のNISA投資枠の上限に達するとその年はもう買い増しできないという制限があるために、NISA口座ではいくらでも買い増しするというわけにはいきません。

    課税口座で運用している投資信託の方が余裕資金のある限り投資できるので、私の場合は、課税口座のほうが運用成績がよい傾向があります。とは言え、一般NISAは20%の非課税分があるのでプラス運用でさえあれば値上がり分は全て利益となります。

    5年の非課税期間終了後

    早めにプラス運用にしておけば、あとは売り時を考えるだけです。一般NISAでは、5年の非課税期間終了後に売却かロールオーバーかを考えることになります。

    そのときの運用成果が良ければ悩み甲斐もありますが、良くない運用成果の時に仕方なくロールオーバーの判断になるのはもったいないことです。その前のタイミングで儲けがしっかり出ていれば、売却しておくほうがよいように思います。

    前の記事 NISAのメリットを活かして、デメリットを避けるコツとは?

    次の記事 NISAは、手を出さない方がよいって言う人もいるけど本当?

    その他のキーワード

    ナンピン積み立て運用

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました