最近のコメント

    帯広観光と十勝川温泉に便利な、十勝エコロジーパークオートキャンプ場

    旅行

    十勝川エコロジーパークオートキャンプ場と道の駅

    夏の北海道キャンピングカー旅行8日目、阿寒町の「道の駅 阿寒丹頂の里」から、次の目的地帯広へ。

    この日に泊まるのは、「十勝川エコロジーパークオートキャンプ場」。
    ここの良いところは、何しろ十勝川温泉に近いこと。

    「道の駅 阿寒丹頂の里」から「十勝川エコロジーパークオートキャンプ場」まで車で2時間くらいでだったでしょうか。

    エコロジーパークには大きなフワフワドームや水遊びのできるエリアもあって、遊んで過ごせる。

    ランチはすぐ近くの「道の駅 ガーデンスパ十勝川温泉」へ。

    道の駅だけど、水着で入れる温泉もあるらしい。
    帯広のような内陸で冬も寒い場所だと、貴重な温泉プールなんでしょうね。

    道の駅には「ターブル・ベジ」というレストランがあり、イタリアンラーメンというメニューがある。
    お風呂上がりのお客さんにつるっと食べてもらえるようにメニュー開発をしたとかで、塩気の効いた美味しいスープパスタ。

    スイートピア・ガーデンと帯廣神社

    食後は足をのばして、「スイートピア・ガーデン」へ。
    三方六というお菓子で有名な「柳月」さんの工場見学ができる。
    NHKの連続テレビ小説「なつぞら」のモデルになったお菓子屋さんらしく、観光客で賑わっている。
    店内にはイートインコーナーがあって、店頭で買ったお菓子をいただける。お菓子は個包装も売っていて、コーヒーの無料サービスもあるのでお得に一息つける。
    店舗の2階に上がると、工場の様子が見学できる。職人さんが作ったお菓子のオブジェも飾られていて一見の価値あり!

    その後、「帯廣神社」へ。
    夏にも神社へお参りする習慣をつけようと、「夏詣」と書いたノボリが立っている。
    茅の輪が置いてあったり、手水舎にカラフルなビー玉が沈めてあったりと、夏詣でも一見の価値あり。

    シマエナガが秋から冬にはやって来るそうで、シマエナガのおみくじがある。
    季節が違ってシマエナガは見られなかったけど、境内で木登りするエゾリスは目撃!

    帯廣神社の境内で見た木登りするエゾリス(中央)

    十勝のお肉で豚丼BBQ

    帯広の口コミで評判の「高橋肉店」に寄り、十勝の豚肉と豚丼のタレ、そして牛肉も買い込み。
    十勝の本場のお肉で、夕食は十勝の地産地消BBQ。

    エコロジーパークのオートキャンプ場は、エコロジーパークの入り口から離れて奥まった位置にあり、近くには十勝川が流れている。
    芝生はきれいで区画も広々としていて、設備も整っているよ。

    十勝エコロジーパークオートキャンプ場

    米を炊き、肉を焼く。
    焼いた豚肉にはタレをつけてご飯に乗せれば、帯広名物の豚丼の完成。
    炭火で焼いた豚肉は香ばしく、タレをかければお店の豚丼と味はほぼ一緒
    材料費だけで済んだし、帯広らしいBBQができてすっかり満足。

    BBQを満喫した後は、十勝川温泉に歩いて行って日帰り入浴を満喫してきました。

    十勝川エコロジーパークオートキャンプ場から歩いて行ける日帰り入浴情報は次の記事でまとめます。

    おすすめキーワード

    北海道キャンピングカーレンタル 北海道キャンピングカー旅行1日目 2日目 3日目 4日目 5日目(1) 5日目(2) 6日目 7日目(1) 7日目(2) 8日目(1) 8日目(2) ランキング ランキング番外編

    資産運用キーワード

    ナンピン積み立て運用 投資信託の選び方 手数料 純資産額 再投資 償還日 投資対象 余裕資金 退職金投資デビュー

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました