最近のコメント

    毎日100円投資を続ければ、お金持ちになれる?

    お金

    お年玉を貯金する意味は?

    前の記事では、お年玉を貯金する意味があるのかどうか考えてみました。

    意味があるとすれば、お金を先の楽しみのために使わずに取っておくことを、子供に教えられることくらいかなと思います。

    昔の貯金ならお金が増えることも教えられたと思うのですが、今の時代の貯金は金利が低いので、お金を増やすと言う目的にはあまり向いていないですよね。

    子供には、貯金してお金を使わないことだけでなくて、お金を有意義に使うことも覚えてもらいたいと思っています。

    そして、有意義に使うことの一つは、お金に働いてもらうことではないかなと思います。

    お金に働いてもらう?

    お金に働いてもらうと言うのは、お金を運用してリターンを連れてきてもらうということです。預金金利の良かった時代だったら、貯金しておけばお金がせっせと働いてくれました。

    私は、子供のもらったお年玉を投資信託で運用しています。インデックス型投資信託の運用が長期で見るとリターンが期待できるからです。

    インデックス型と言うのは、例えば日経平均なら日経平均のパフォーマンスと同じような値動きを目指すもので、特別にトヨタの株式を多めになんてことはしない運用になります。

    まずは自分の馴染みのSBI証券に、子供名義の口座を開きました。ネット証券であれば手数料も割安ですし、SBI証券は運用しやすい証券会社の一つです。

    SBI証券は取り扱っている投資信託も多いのですが、その中で、インデックスで無期限運用のバランス型投資信託を探します。

    バランス型投信にはいろんな資産が組み込まれているし、分散投資なので教育にもなります。そして、分散投資なので守りに強いです。

    もちろん長期運用で成長の見込める「S&P500」対象の投資信託も安定感があるので、選んでも良かったのですが。

    その年にもらったお年玉を、一度に購入に当てることはなるべくしません。分割して積み立てを考えます。

    値動きのある金融商品を積み立て購入する運用だと、単価が安いときも高いときも買い続けることになるので、平均的に買い増しをすることができます(ドル・コスト平均法)。

    同じ投資信託でも一年の間には必ず値動きがあり、1月のタイミングが最安だったらよいのですがそうとは限りません。

    なるべく購入時期を分けて買い続け、購入金額が割高になるリスクを避けたいと思うのです。

    ノーロード(買付手数料無料)のものを選べば、購入時の手数料はかかりません。SBI証券では、毎日でも、100円からでも購入できます。

    その代わり、電子交付サービスを申し込んでおかないと、取引内容を郵送で受け取ることになるので、郵便が増えすぎて面倒になります。

    そして、お年玉の金額を割り算して、毎日なら毎日、毎月なら毎月積み立てる金額を決めます。SBI証券では、設定金額を決めると月ごとの積立額を算出してくれます。

    毎日100円積み立て

    その金額を見て、例えば1月から毎日100円積み立てを10月末まで続けることにします。10月末になったら、積み立てを自分で停止します。

    積み立てを自分で止めるのは面倒くさいですが、そこは自動になっていないと思います。そんな設定をSBI証券会社が作ってくれたら、楽になるんでしょうけれど。

    実際に受け取ったお年玉と、運用する金額がずれても大して気にするつもりはありません。子供に運用の意味を教えるのが目的で、正確な金額を運用することが必要なわけではないからです。

    将来、子供に返すときにバランス型投資信託を積み立て購入し続けた運用成果だと伝えることができます。

    リスクのある金融商品は貯金よりもリターンがあること、リスクを下げる分散投資の効果、株式や債権などそれぞれの資産の意味、お金に働いてもらう考え方など、知ってもらえたらと思っています。

    1ドルを毎日積み立てて、10%の複利で56年間運用すると100万ドルの資産になると聞いたことがあります。

    投資信託の場合は金利が決まっているわけではないですが、子供のお年玉で運用している「たわらノーロード バランス(8資産均等型)」では4年の積み立てで30%のプラスリターンになりました。

    毎日100円ずつの積み立て設定にしていて、年間に子供のお年玉分しか購入はしませんが、それなりの金額になったと思います。

    子供に返すとき、100円投資を56年間続ければ億万長者になれるかもしれないんだよって、伝えるかどうかは分かりません。

    10%複利の場合の話ですし、そんな先のことよりも若い自分に全力自己投資でよいのですが、お金を有意義に使うに考え方には興味を持ってもらえればと思っています。

    それでは、また。うしぴでした。

    おすすめキーワード

    ナンピン積み立て運用 投資信託の選び方 手数料 純資産額 再投資 償還日 投資対象 余裕資金 退職金投資デビュー

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました