最近のコメント

    卯年に買う財布のご利益、うさぎと金運の関係は?

    お金

    うさぎは金運と関係あるの?

    2022年は寅年でした。以前の記事にも書きましたが、寅年は金運が良くて財布の新調に良いそうです。

    2023年は卯年です。調べてみると、うさぎも金運を運んでくれそうです。

    まず、キリスト教のお祭りイースター(復活祭)では、タマゴとうさぎがモチーフになっています。うさぎは繁殖力が強いので繁栄や生命力のシンボルととらえられているそうです。

    うさぎの後ろ足には不思議な力が宿るとも考えられていて、アメリカやイギリス、メキシコなどではうさぎの後ろ足の模造品がお守りとして「ラビット・フット」と呼ばれているそうです。

    日本では、うさぎは月で餠をついていますよね。光り輝く満月には金運のイメージがあり、「ツキ」の語呂合わせにも通じます。

    中国でも、月とうさぎにはいくつか物語があります。月には昔から不老長寿の薬があり、うさぎがそれを杵でついて粉にしていると考えられていて、長寿の象徴とされているそうです。おもしろいですね。

    因幡の白兎は、神話の中で大国主命(おおくにぬしのみこと)と八上姫(やがみひめ)の縁を取り持ちました。鳥取県には白兎神社はあって、縁結びの御祭神にもなっているそうです。

    「兎の上り坂」ということわざがあり、うさぎは後ろ足が長くぴょんぴょんと坂を登ることから、困難を乗り越えて物事が早く進むたとえとされています。

    耳が長くて情報収集に長け、危険からの逃げ足も速く「脱兎のごとく」とは逃げ足の速いことのたとえですが、災難を免れ危険を避けることができると言われています。

    また、ぴょんぴょんと跳ねるので景気も跳ねて上向くと言われているそうです。うさぎにあやかって、2023年の景気は期待できるかもしれません。

    大久野島(うさぎ島)のキャンプ事情

    ところで、広島県には「うさぎ島」と呼ばれる島があります。竹原市と今治市の大三島の間にある大久野島がその場所です。

    一周歩いても、一時間半くらいで回れるほどの小さな島で、竹原市の忠海港からフェリーに乗って15分くらいで到着します。

    愛媛県側からはしまなみ海道の途中にある大三島の盛港から渡ることができます。

    島には戦時中に、毒ガスの研究施設があったそうで、動物実験用にうさぎが持ち込まれたそうです。

    その後、野生化したうさぎが自然繁殖し、うさぎだらけの島になりました。

    休暇村の宿泊施設「休暇村 大久野島」があって、徒歩5分くらいのところにキャンプ場もあります。

    うさぎが入ってこないように隔離されたスペースの中に、人がテントを張って過ごします。設営済みのサイトもあるようです。

    キャンプ場の利用者は休暇村ホテルの温泉にも入れますし、夕食ビュッフェも利用できるそうです。小さいですが、夏には海水浴のできる砂浜もあります。

    基本的に車は島内を走れませんが、キャンプ場利用者は別で、サイト横の駐車場に車を停めることができます。

    定住者はいない無人島です。ウサギは人懐っこいですし、エサを上げると寄ってきてくれます。たくさんエサをあげるなら、お腹を空かせている午前中のほうがおすすめです。

    大久野島(うさぎ島)で、うさぎにエサやり

    そんなうさぎを見るために大勢の観光客が集まります。コロナ前には、海外からも旅行者がやってきていたほどの広島県の隠れた人気スポットです。

    瀬戸内海の小さな島で、うさぎがインバウンドに貢献していたなんて、まさにリアルに金運を運んでくれていたわけです。

    島では、映える写真もたくさん撮れるので、2023年卯年に使う年賀状の写真を撮っている人もきっといらっしゃるのではないでしょうか。

    調べてみるとうさぎは、金運だけでなくて長寿や縁結びなどいろんなご利益を招いてくれる動物でした。

    卯年に財布の新調は吉?

    いろいろと書きましたが、2023年の卯年は、うさぎのご利益にあやかって、財布を新調するのにおすすめしてよいと思います。

    それでは、また。うしぴでした。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました