最近のコメント

    知床観光には知床八景。国設知床野営場のキャンプは、日帰り温泉と飲食店に便利

    旅行

    知床観光には「知床八景」がおススメ

    夏の北海道キャンピングカー旅行5日目は、知床観光!

    前日までの低気圧が去って、風はあるものの晴れて暖かさを感じます。

    前日に泊まった「クリオネキャンプ場」から知床へ向かいます。

    途中、道路沿いに「オシンコシンの滝」がありました。駐車場からすぐのところで滝を間近に見れて迫力があり、「知床八景」に数えられています。

    「知床八景」には「オシンコシンの滝」の他、「オロンコ岩」、「夕陽台」、「プユニ岬」、「フレペの滝」、「知床峠」、「知床五湖」、「カムイワッカの滝」 があります。

    知床を代表する景勝地ばかりで、今回は5ヵ所まわりました。知床観光をするときどこをまわるか迷ったら、「知床八景」を選べば間違いが無いように思います。

    オシンコシンの滝は、大きく2つに別れた滝が岩肌を伝って水しぶきを上げて流れます。

    豪快ですが、そんなに大きな滝ではないのですぐに見終わりました。妻は「これだけ?」と言いつつも、子供は「オ◯ンコ◯ンの滝」と喜んでくれて、一見の価値ありです。

    「知床五湖」は時間があったら全部見たい!

    知床観光のハイライト「知床五湖」は、知床五湖パークサービスセンターが入り口です。

    一湖だけ見て往復する高架木道と、知床五湖を周遊できる地上遊歩道があり、地上遊歩道はレクチャーを受けなくては入れません。

    レクチャーでは、ヒグマにエサをあげないように、もしも出合ったらどうするかなど、の説明を受けます。

    水やお茶はよいのですが、食べ物や臭いの出るものは持ち込めません。出発したら、ヒグマが近寄ってこないように時々、声を出しながら手を叩いて歩きます。

    地上遊歩道には大ループと小ループがあり、五湖を全部めぐる大ループコースは1時間30分ほどの森林浴になります。

    途中に鹿を見かけたり、鳥や昆虫を目にしたり、熊が樹を爪で引っ掻いた跡などあったり、湖面を見渡す場所はそれぞれに爽快です。知床の自然を満喫できた満足感があって、時間があったらぜひ五胡を全部まわることおススメします。

    最後は高架木道に合流することになり、観光客でにぎわいます。高架木道からは一湖と知床連山がきれいに見えるので、時間がないときはここだけ見ても感動できると思いました。

    パークサービスセンターに戻って、ここでランチです。ハンバーガーやアイスクリームなどの軽食がそろっていて、鹿肉を使ったご当地メニューなんかもありました。

    「カムイワッカの滝」まで車で行くのは大変そう

    カムイワッカの滝は温泉が川となって流れる、知床観光の目玉の一つです。

    パークサービスセンターからカムイワッカの滝へは夏の混雑する時期にシャトルバスが往復します。

    ただ、私たちの訪れた時期はシャトルバスの運行はなくて、自力で行かなくてはいけません。調べてみると、途中から未舗装の狭い道になるようです。

    悩んだんですが、今回はキャンピングカーの旅行です。キャンピングカーでそんな狭い道に行く勇気は出なくて、今回は見送りました。

    今は以前と違って、滝の上流までは落石の危険があって行けないそうです。上流まで歩いて行けるなら頑張ったかもしれませんが、無理してまで行かなくてもよいかと思った次第です。

    フレベの滝、知床峠、オロンコ岩の見どころ

    カムイワッカの滝へ行くつもりが行かないことになり、他の見所をまわります。

    「フレベの滝」は、100mの断崖から流れ出る滝を離れた展望台から眺めます。

    オシンコシンの滝と同じく滝を眺めるのはわずかの時間ですが、駐車場からは遊歩道を歩き、往復40分くらいかります。その分は運動になりますし、自然と触れ合った満足感はありました。

    「知床峠」へは山道をドライブです。上がってみると、びっくりするくらい寒い!!ウトロは晴れていたのに峠では冷たい風にさらされました。

    知床峠を境にしてウトロ側と羅臼側は天気が違うと聞いていましたが、確かにその通りです。展望台から、北方領土の国後島が見えました。感慨に更けるよりも寒さに耐えかね、車に乗りこみウトロへすぐに戻りました。

    ウトロに戻ると暖かくて、港にある変わった形の岩「オロンコ岩」に寄ってみました。

    すぐ下に駐車場もあって、他にも何人か観光客がいます。岩の上に立つと港を一望できて、急な階段を登り下りするのが意外と楽しいです。

    「国設知床野営場」は、日帰り温泉と美味しい海鮮料理が楽しめそう

    この日は、本当は夕方まで観光して「国設知床野営場」に泊まるつもりでした。このキャンプ場の一角には知床八景の「夕陽台」があり、夕陽の名所としてデートスポットにもなっているそうです。

    地図で見るとウトロの町も近そうで、「夕陽台の湯」(~20時)やホテル「Kiki知床ナチュラルリゾート」(~20時、受付~18時)など徒歩圏内の日帰り入浴施設があり、口コミ評価の高い「海鮮料理 番屋」も歩いていけそうです。

    温泉に浸かり、美味しい海鮮料理を食べて飲んで、キャンプ場に歩いて帰ろうかと思っていたのですが、オロンコ岩を見終わってまだ昼の2時でした。

    これだけ時間があれば、わざわざ知床に残らなくても次の目的地まで行けそうです。泊まる場所を自由に決められるのがキャンピングカーのよいところ!と言うことで、次の目的地「屈斜路湖」に向かいました。

    次の記事では、屈斜路湖の車中泊を紹介します。

    それでは、また。うしぴでした。

    おすすめキーワード

    北海道キャンピングカーレンタル 北海道キャンピングカー旅行1日目 2日目 3日目 4日目 5日目(1) 5日目(2) 6日目 7日目(1) 7日目(2) 8日目(1) 8日目(2) ランキング ランキング番外編

    資産運用キーワード

    ナンピン積み立て運用 投資信託の選び方 手数料 純資産額 再投資 償還日 投資対象 余裕資金 退職金投資デビュー

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました