2021-11

お金

投資信託の運用も余裕が大事。余裕資金を余裕を持って運用すれば大きな利益も

10年定期に預けることのできる金額は、余裕資金の一つの目安かもしれません。例えば、全世界株式を対象にする投資信託でその資金を運用すると、一時的な落ち込みはあっても、数年あるいは十数年単位では定期預金の金利よりも桁違いに大きなリターンが期待できます。
お金

購入した投資信託が値下がりしたときの買い増し「ナンピン積み立て運用」の注意点

購入した投資信託が値下がりしたとき、積み立てで追加購入する手法を「ナンピン積み立て運用」として紹介してきました。リスク分散しながら値下がり分を買い増してリターンを上げるメリットはお伝えしてきましたが、デメリットもあります。それはどんなことでしょうか?
お金

iDECOやNISAは、手を出さない方がよいって言う人もいるけど本当?

iDeCoやNISAには節税のメリットもありますが、そればかりにとらわれていると損してしまういろいろのデメリットも手を出さない方が賢明なのか考えてみます。
お金

NISAの運用、どうやってプラスにする?

NISAは、非課税期間5年間の間にプラス運用にしておかないと利益になりません。値上がりしそうな投資信託を買って、値下がりしたときは「ナンピン積み立て運用」で買い増しするのが方法の一つだと思います。プラス運用にしておけば、後は売却のタイミングを考えるだけです。
お金

NISAのメリットを活かして、デメリットを避けるコツとは?

NISAは、購入した金融商品にかかる利益が5年間非課税になる制度です。5年経ったらロールオーバー(あらたな非課税枠への移管)、課税口座への移動、売却などを考えなくてはなりません。最初の5年間にプラス運用にしておくことが、利益の確保に重要です。
お金

毎日100円投資を続ければ、お金持ちになれる?

子供のお年玉を運用する場合、教育的な側面を考えてバランス型投資信託を選ぶのが一つの考え方です。ネット証券に子供名義の口座を開き、お年玉の金額を割り算して一定金額を買い付けます。子供に返すときにバランス型投資信託を積み立て購入した成果だと伝えます。
お金

マネーリテラシー的に、子供のお年玉は貯金で大丈夫?

お年玉を貯金する人は多いと思いますが金利がほとんどつかないし、あまり勉強にもなりません。バランス型投資信託の購入で、世界には様々な金融商品があること、それらに分散投資をすること、そして長期に運用することで利益につながることを知ることができます。